肩こりから広がる体の悩み

○ つらい肩こりの原因

肩こりはどうして起こるのでしょう? ・同じ姿勢を続ける ・運動不足 ・眼精疲労 ・血圧との関係 ・ストレスなど 以上の原因から肩こりになることが多いようです。パソコンや携帯電話の普及によって、同じ姿勢を続けての作業や、画面を見続けることによる眼精疲労などの現代病ともいえそうです。作業を行っている合間に適度な運動を取り入れて、肩こりがひどくならないように気をつけたいものです。

○ 肩こりと敷きふとんの関係

日中の疲れを睡眠で解消できれば、肩こりも楽になりそうですが・・・敷きふとんと自分の体の相性が悪いと、肩こりをさらに悪くしてしまいます。肩こりと敷きふとんはどのように関係するのでしょう?寝ているときに体には圧力がかかります。自分の体に敷きふとんがフィットしていないと、身体にかかった圧力で筋肉が緊張し、筋肉疲労を起こして血行不良になります。血行不良になると、肩こり・腰痛・頭痛の原因になってしまいます。本来、睡眠中に日中の疲れをリフレッシュして快適な朝を迎えたいところですが、敷きふとんが体にフィットしていないとさらに体に負担を与えてしまうのです。

○体と相性の良い敷きふとんとは?

人が敷きふとんに寝る時には、体に圧力がかかります。なかでも重い圧力がかかるのが、頭部・胸部・臀部・脚部です。体にかかる圧力による負担によって、筋肉が緊張して筋肉疲労やストレスがおきます。すると、深い睡眠ができずに体の負担だけが増えてしまいます。そうならないためには、どのような敷きふとんを選べば良いのでしょうか?人は寝ているときに、じっとしているわけではありません。適度な寝返りも必要です。寝ているときの姿勢→寝姿勢をしっかり支えることの出来る敷きふとんが快適な睡眠の出来る敷きふとんだといえそうです。体の圧力を分散させて、圧力による負担を減らせる「体圧分散性の敷きふとん」ならば、重い圧力のかかる部分への負担軽減になりますし、寝姿勢の保持にも優れています。人が寝ているときに寝返りをうつのは、体にかかる負担を軽くするための生理的な動きで、寝返りが打てないと体に負担がかかったり、ストレスの原因にもなります。体に合わない敷きふとんで寝ていると、体にかかる負担のために必要以上の寝返りをうつことになり、深い睡眠の妨げになります。適度な寝返りがうてることも、肩こりの解消や快適な睡眠のために必要です。人の体(骨格)はそれぞれ違います。自分の体にフィットする敷きふとんを見つけて下さいね。

不眠・体にお悩みの方に人気!
敷き布団ランキング!

  第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
商品名 からだ枕
からだ枕
はっぴーマム
はっぴーマム
(西川リビング)
エアウィーヴ
エアウィーヴ
雲のやすらぎ
雲のやすらぎ
トゥルースリーパー
トゥルースリーパー
体に負担をかけない
寝心地が良い
朝のスッキリ感
防ダニ対策
暖かさ対策
製品の品質

※2015年2月現在、各サイトに記載されていた情報を参考にしています。

TOPへ戻る