不眠になるポイントを押さえましょう

○不眠とは

・寝つきが悪く30分以上たっても眠れない。 ・途中で目が覚めてしまい、寝付けない。 ・朝早く目が覚めてしまう。 ・ぐっすり眠った感じがしない。 30日以上続くと「不眠症」の疑いがあります。「不眠症かな?」と思ったら、お医者様に相談しましょう。

○不眠の原因

①ストレス ②身体の病気 ③不安とうつ ④服用している薬・アルコール・カフェイン・ニコチンなどによるもの ⑤時差ボケや昼夜逆転

      

○不眠症の症状は?

眠りたいのに眠れない。つらいですよね。眠るために睡眠薬を服用すると、薬物依存や乱用にもつながってしまいます。「眠れない」のは、放っておかずにしっかり原因と向き合って「不眠」を解消しましょう。身体に合わない寝具も「不眠」の原因になります。

○快適な睡眠で不眠予防

不眠症にならないための快適な睡眠とは?睡眠中にリラックスする為には体にフィットする敷きふとんを選びたいものです。人が一番リラックス出来る姿勢は「立ち姿勢」です。寝ているときにも「立ち姿勢」に近い状態で眠ることが出来ればぐっすりと眠ることが出来ます。身体は人それぞれ骨格などが違うので、自分の体形に合わせてくれる敷きふとんがあると良いですよね。仰向けに寝ているときは、頭部・胸部・臀部・脚部それぞれに圧力がかかります。また、人は寝ているときに20回くらいは寝返りもうちます。 そのたびごとに、身体の圧力をきちんと支えることが重要になってきます。身体の圧力がかかったままにしておくと、圧力のかかった部分が筋肉疲労を起こし血流がとどこおり血行不良になります。血行不良になると、肩こり・腰痛・頭痛などの原因にもなります。 身体の圧力をきちんと支えるために、圧力を分散させる敷きふとんがあります。体圧分散性の敷きふとんを使えば、理想的な寝姿勢で眠れるだけでなく、寝返りなどの身体の動きにも対応してくれます。リラックスできる睡眠のために必要なのは、寝姿勢だけではありません。敷きふとんと掛けふとんの間の空間「寝床内気象」も快適な睡眠に重要な条件の一つです。寝室の室温も睡眠に関係しますが、「寝床内環境」の方が直接睡眠に影響します。暑い夏には通気を良くして、寒い冬には保温や寝床内の熱気を放温できる布団が望ましいです。ウレタン製の突起性の敷きふとんは、体圧を分散してくれるだけでなく、突起の間の空間で通気や放温が出来ます。ウレタン製で軽く、突起間の空間で通気性も良いので、お手入れは部屋に立てかけておくだけで大丈夫です。敷きふとんを清潔に保てると、カビやダニなどの予防にもなり、快適に眠ることが出来ます。睡眠環境を整えて不眠予防を致しましょう。

      

不眠・体にお悩みの方に人気!
敷き布団ランキング!

  第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
商品名 からだ枕
からだ枕
はっぴーマム
はっぴーマム
(西川リビング)
エアウィーヴ
エアウィーヴ
雲のやすらぎ
雲のやすらぎ
トゥルースリーパー
トゥルースリーパー
体に負担をかけない
寝心地が良い
朝のスッキリ感
防ダニ対策
暖かさ対策
製品の品質

※2015年2月現在、各サイトに記載されていた情報を参考にしています。

TOPへ戻る