いびきは病気の兆候なのかも!?

○いびきの概念

睡眠時にいびきを生ずる場合、自身は気付かないことが多く、同居人などの睡眠の障害となる。しかしながら、本人の睡眠レベルや音の大きさなどにより、自身が驚いて目が覚めてしまうこともある。場合によっては睡眠が浅くなることがある。静かなものから激しいものまで様々であり、速やかな治療が推奨されるものもある。 いびきは呼吸のリズムと同期して起こるため、それが途切れることが一定レベル以上起こると、睡眠時無呼吸症候群の発見の手がかりとなる。軟口蓋などが気道を塞ぐために呼吸が途切れる。これが起こると一般に睡眠レベルが浅くなり、いわゆる熟睡ができないため、昼間の活動に支障をきたす。これが疑われる場合、まずは家族に自分のいびきの様子などをチェックしてもらうと良い。無呼吸とまではいかない場合、睡眠時低呼吸症となる。 いびきは、他人に多大な迷惑をかけることや、羞恥心のため、団体旅行を避けるようになるなど、様々なリスクを背負う。夫婦の寝室が別室となるだけではなく、離婚等の原因ともなり得る。

○いびきは気をつけるべき

いびきの場合は、いびきをかいている当人はあまり悩んでいないことが多いのではないでしょうか。 たいていは、大きないびきに悩まされるのは一緒の部屋に眠る家族ではないでしょうか。しかし、 もしいびきをかいていることを周囲の人たちに指摘されたら、「自分では止められないから」と考えず、 自分自身のためにもいびきを止めるように努めましょう。なぜならばいびきは「睡眠時無呼吸症」 となって死の危険を伴うこともあるからです。人間は年をとればとるほどいびきが多くなります。60代 では男性の60%、女性の45%は一晩に一回はいびきをかいています。ですから、自分がいびきを かいているのかどうかを家族に尋ねるなどして、日ごろから注意しておくにこしたことはありません。 睡眠時無呼吸症とは、睡眠中に一時的に呼吸が停止することです。そのため呼吸が苦しくて 夜中に何度も覚醒状態になり、熟睡できません。睡眠時無呼吸症は心臓などの循環器や 呼吸器系にも悪影響を及ぼします。たかがいびきではありません。いびきの害は深刻である といえるのです。ですからいびきの害を未然に防ぐことが重要となってくるのです。睡眠中は鼻や 舌、のどの奥の筋肉が弛緩し、咽頭が狭くなり、空気抵抗が大きくなるため、いびきをかきやす くなります。したがって、気道の確保が困難となる様な高すぎる枕、低すぎる枕、もしくは敷きふとんに 問題があるでしょう。

            

不眠・体にお悩みの方に人気!
敷き布団ランキング!

  第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
商品名 からだ枕
からだ枕
はっぴーマム
はっぴーマム
(西川リビング)
エアウィーヴ
エアウィーヴ
雲のやすらぎ
雲のやすらぎ
トゥルースリーパー
トゥルースリーパー
体に負担をかけない
寝心地が良い
朝のスッキリ感
防ダニ対策
暖かさ対策
製品の品質

※2015年2月現在、各サイトに記載されていた情報を参考にしています。

TOPへ戻る