気持ちいい寝心地の条件とは

○その1

気持ちいい寝心地の条件 日中の疲れをしっかりとって、気持ちよく朝を迎えたいものです。そのためにも、気持ちいい寝心地の条件をおさえて快適な睡眠にしましょう。では、気持ちいい寝心地の条件とはなんでしょう。 1.自然な立ち姿勢=良い寝姿勢 2.寝床内気象(気温33度±1度、湿度50%±5%) 3.高い品質を持続する・・・には、汗や湿気というダニの生息しやすい環境を作らないこと 以上の条件を満たしていれば気持ちいい寝心地が得られそうです。 1.自然な立ち姿勢=良い寝姿勢 身体に負担の少ない姿勢は、自然な立ち姿勢です。眠る時に敷きふとんに横になると、頭部・胸部・臀部・脚部それぞれに圧力がかかります。身体に負担となる圧力がかかると、血行不良となり、肩こり・腰痛の原因にもなります。また、身体への負担を軽減するために寝返りの回数も増え、深い眠りの妨げになります。一番良いのは、自然な立ち姿勢の状態で眠ることが出来ることです。体圧分散のクッション機能が付いた敷きふとんを使うと、身体を面ではなく点で支えてくれるので自然な立ち姿勢に近い状態で眠るとこが出来ます。人は眠っているときにじっとしてはいません。眠っている間の身体の動きにも対応できる敷きふとんが、寝心地のいい敷きふとんの条件の一つになります。体型は人それぞれに違うので、自分の体形にフィットしてくれる敷きふとんを選ぶことが気持ちいい寝心地につながると思います。

○その2

寝床内気象(気温33度±1度、湿度50%±5%) 「寝床内気象」とは寝ているときの布団の中の環境のことです。掛けふとんと敷きふとんの間の空間の温度や湿度の状態が、快眠のために重要なのです。睡眠中は、深い眠りを保つために体内から熱を汗として放出します。睡眠中の汗を吸収し、放出・拡散することが出来ると気持ちよく眠ることが出来ます。睡眠中の不快感が無くしっかり睡眠がとれると、疲労回復にもつながります。寝床内気象のベストな状態が「気温33度±1度、湿度50%±5%」です。寝床内気象を快適な状態にするためには、敷きふとんの通気性が大事です。確かに、布団の中が暑すぎたり、布団が冷えていたら快適とはいえそうにないですよね。ウレタン製マットの敷きふとんは、たくさんある突起の間の空気層が、夏には通気を良くして湿気を逃がし冬には空気層によって保温性を高めてくれるそうです。敷きふとんが呼吸をして寝床内環境を快適にしてくれるのですね。

     

○その3

高い品質と持続する・・・には汗や湿気というダニの生息しやすい環境を作らないこと睡眠中の寝床内環境は、適度に温度や湿度を逃がすことで快適な睡眠が出来ます。通気性の良い敷きふとんだと、睡眠中の温度や湿度を吸湿・放温出来ます。ウレタン製の体圧分散敷きふとんだと、一般の布団よりも通気性が良いので湿気や汗などの水分の発散がすぐれているのと、布団干しも、部屋に立てかけておくだけで大丈夫です。抗菌・防ダニ加工がされているだけでなく、一般的な敷きふとんよりも通気性が良いのでダニやカビなどの発生の原因となる湿気を速やかに放温出来ます。長時間寝ていても、背中・肩・腰に疲れを感じない。睡眠中の寝床内環境も快適で、身体が自然にフィットする敷きふとんが気持ちいい寝心地の敷きふとんだといえるでしょう。

      

不眠・体にお悩みの方に人気!
敷き布団ランキング!

  第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
商品名 からだ枕
からだ枕
はっぴーマム
はっぴーマム
(西川リビング)
エアウィーヴ
エアウィーヴ
雲のやすらぎ
雲のやすらぎ
トゥルースリーパー
トゥルースリーパー
体に負担をかけない
寝心地が良い
朝のスッキリ感
防ダニ対策
暖かさ対策
製品の品質

※2015年2月現在、各サイトに記載されていた情報を参考にしています。

TOPへ戻る