理想の睡眠とは?

「睡眠のゴールデンタイム」 睡眠には「睡眠のゴールデンタイム」という、身体にとって良い効果が得られる時間帯があります。午後10時~午前3時の「睡眠のゴールデンタイム」にしっかりと睡眠がとれるとどんな良いことがあるのでしょう?

○《疲労回復に大きな効果》

この時間帯に深い眠りが出来ると「成長ホルモン」の分泌を促進し、疲労回復につながります。 《成長ホルモンによる子供の成長》 「成長ホルモン」の分泌によって、子供の成長も促進されます。身体の成長だけでなく、脳の発達にも大いに影響があるので小学生・中学生のこの時間帯の睡眠は大変大事になってきます。睡眠不足によるストレスは、登校拒否やアレルギーなどの原因にもなってしまいます。

     

○《美容面でも大きな効果》

美容面では午後10時~午前2時の間に新陳代謝が活発になり、細胞の修復を即す働きをする「成長ホルモン」が最も多く分泌されます。したがって、この時間帯にしっかり睡眠をとれると「成長ホルモン」が分泌され肌などに良いだけでなく、老化防止にも効果が期待できます。また、髪の毛もこの時間帯に十分な睡眠がとれないと、血液の流れが悪くなり毛髪の成長の妨げになってしまいます。「睡眠のゴールデンタイム」に快適な睡眠がとれれば、健康にも美容にも老化にも多大な効果が期待できそうです。なかなか寝付けないと「睡眠のゴールデンタイム」がどんどん減ってしまいます。すんなりと睡眠に入っていけるように、どんな事が出来るでしょうか?

      

○《睡眠に適した温度・湿度》

寝室の室温は16度~19度くらいがちょうど良いそうです。睡眠には室温よりも、寝床内の温度の方が関係深いです。気持ちよく寝られる寝床内温度は32度~34度位に保たれています。冬にお布団が冷えていると、寒くてなかなか寝付けません。湯たんぽや電気毛布などを使って寝る前に布団を温めておくと、寝つきが良くなります。電気毛布をつけたまま眠ると、乾燥しすぎたり、暑くなりすぎてせっかくの睡眠の妨げになってしまいます。眠る前までで、1度スイッチを切っても良いかもしれません。快適に眠る為の湿度は50%です。湿度が低く乾燥していると、鼻やのどの粘膜を痛めてしまい、睡眠の質も悪くなります。逆に湿度が高すぎると、結露が出来たり、カビが発生してしまいます。カビによってアレルギー症状や喘息の悪化につながり、不眠の原因になります。睡眠に適した温度・湿度に気をつけてみましょう。

○《リラックス効果》

寝つきを良くするために、アロマなどの香りや照明の色、リラックス効果のある音楽なども活用しましょう。 リラックス効果のある香り ・ジャスミン ・ゼラニウム ・ベルガモットなど リラックス効果のある色 ・みどり 緑色には、目を休める効果・催眠作用・緊張緩和・ストレス減少などの効果があります。暖色系の照明も気持ちが落ち着きます。身体の筋肉疲労だけでなく、精神的な疲れからも肩こりや頭痛の原因になります。気持ちを落ち着けて、深い睡眠が出来るようにしてみましょう。

不眠・体にお悩みの方に人気!
敷き布団ランキング!

  第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
商品名 からだ枕
からだ枕
はっぴーマム
はっぴーマム
(西川リビング)
エアウィーヴ
エアウィーヴ
雲のやすらぎ
雲のやすらぎ
トゥルースリーパー
トゥルースリーパー
体に負担をかけない
寝心地が良い
朝のスッキリ感
防ダニ対策
暖かさ対策
製品の品質

※2015年2月現在、各サイトに記載されていた情報を参考にしています。

TOPへ戻る