体にいい敷きふとんとは?

○体にいい敷きふとんとは? 《敷きふとんの圧力(弾力)》

敷きふとんには色々な硬さの敷きふとんがありますが、人の体は均等に体重が分散されているわけではありません。頭部・胸部・臀部・脚部それぞれに体重が分散していて、それぞれに重さが違っています。それぞれの部位を重さに合わせて支えられれば、身体にとって一番良い状態で眠ることが出来ます。また、眠っているときに打つ寝返りにも対応できることが大事になってきます。人は一晩に20回もの寝返りをすると言われています。寝返りは、睡眠中に同じ身体の部位が圧迫され続けると、その部位の血液循環が滞ることを防ぎ、身体の負担を減らすために生理的に行われる身体の動きです。身体の向きを変えても、身体の重さに対応できる敷きふとんだと、身体への負担が少なく寝返りも減ると思います。身体にいい敷きふとんの圧力(弾力)は、身体に自然にフィットする負担の少ないものが良いでしょう。

     

○《敷きふとんの通気性》

睡眠中は深い眠りを保つために体内から熱を出します。その熱を調整するのに汗をかきます。また、睡眠中の寝返りでも「体温の調節」「寝床内の温度を保つ」「汗(熱や水分)の発散の調節」を行っています。睡眠中の熱や水分を、「保温」「吸湿」「放湿」出来る敷きふとんだと、不快感がなく快適な睡眠が出来そうです。

      

○《季節を問わず体温を一定に保つ》

夏の暑さ、冬の寒さ、梅雨時の湿気の多さなど、季節による寒暖の差を同じ敷きふとんでカバーできると、暑さ寒さからくるストレスを減らすことが出来て、深い睡眠が出来ます。身体の健康に最適な時間帯に、しっかりと深い睡眠がとれる敷きふとんを選ぶことが出来れば、1日の疲れをリフレッシュして健康な生活を送ることが出来そうです。「適度な圧力(弾力)」「通気性」「保温性」を兼ね備えた敷きふとんが「体にいい敷きふとん」といえるのではないでしょうか。ぜひ、自分の体にフィットした「体にいい敷きふとん」を見つけて下さい。せっかく体圧分散性の敷きふとんを購入したのに、あまり効果を実感できなかったことがあるようですが、体圧分散性の敷きふとんにも、硬めと柔らかめがあるので、購入する時は体験などをして自分にフィットする敷きふとんを選べるようにしたいですね。自分にフィットした敷きふとんに出会えて長年の肩こりや腰痛にサヨナラできたという、羨ましい報告もありました。正しい寝姿勢のできる敷きふとんに出会えるように、ぜひ商品の体験もしてみて下さいね。

不眠・体にお悩みの方に人気!
敷き布団ランキング!

  第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
商品名 からだ枕
からだ枕
はっぴーマム
はっぴーマム
(西川リビング)
エアウィーヴ
エアウィーヴ
雲のやすらぎ
雲のやすらぎ
トゥルースリーパー
トゥルースリーパー
体に負担をかけない
寝心地が良い
朝のスッキリ感
防ダニ対策
暖かさ対策
製品の品質

※2015年2月現在、各サイトに記載されていた情報を参考にしています。

TOPへ戻る